CTIシステム導入で利益倍増計画

コスト削減&収益アップを叶える優秀CTIシステムデータベース

HOME » 営業支援ツールとしてのCTI活用のすすめ » 受注率アップ!おすすめCTIシステムBEST3

受注率アップ!おすすめCTIシステムBEST3

一部のCTIシステムが備えている、営業支援ツールとしても活用できる機能について解説。テレマーケティングの支援機能が充実したCTIシステムベスト3も発表しています。

営業支援ツールとしても活用できるCTIシステム

CTIシステムの中には、営業支援ツールとしても活用できる機能を備えたものがあります。

オペレーターの負担を軽減することでコール数をあげ、見込みを増やす働きのある機能には次のようなものがあります。

○コール結果記録

コール終了後にオペレーターが架電先との対応内容を記録できる機能です。全通話録音を併用するシステムもあります。

記録した情報は顧客リストとして蓄積されるため、回数を重ねるごとにリストの精度が上がりクロージング率も向上します。

また蓄積された情報は顧客管理システム(CRM)のデータベースとして、長期にわたって活用することが可能です。

○顧客リスト管理

リスト別にステータスの把握を行い、チームの属性に合わせてリストを再配布したり、スタッフ間でもリストのやり取りができる機能です。

最適なマッチングによる営業が行えるため、成功率が上がります。

○自動検索架電

自動検索や条件検索によってリストを絞り込み、アプローチできる機能です。

ターゲットの属性が絞り込めるため、テレアポの成功率がアップします。

○再コールアナウンス

予め指定した時間になると、再コールのアナウンスが画面表示される機能です。

つながりにくいキーマンとの通話を確保して、ビジネスチャンスを逃さないために有効です。

営業支援に特化したCTIシステムBEST3

CTIシステムと主な営業支援機能
CTIシステム システム提供会社 営業支援機能
Callbility
(コールビリティ)
株式会社シナジー ・全通話録音、再生機能
・管理者は全オペレーターの架電状況を常時把握
・管理者は通話をリアルタイムに聞くことが可能
・架電先に聞かれずにアドバイスが送れる
・スタッフ間のリストの共有、配分ができる
・通話時間を短縮できるオートダイヤル機能
・指定時間に画面表示される再コールアナウンス機能
・自動検索、条件検索で的を絞ったアプローチ
・マイフォルダ作成機能
・スタッフ同士がやり取りできるチャット機能搭載
・発信件数、対話数、稼働率などを自動集計
・IP電話使用で通信費のコストダウンが可能

「Callbility」の情報をもっと詳しく

アポ王next 株式会社ウィンソフト ・オートコール機能
・担当者やコール結果履歴の管理
・コール件数、応答件数、通話時間などの詳細な分析が可能
・2度がけを防ぐクレーム管理機能
・録音機能
・見込み管理や不在リストの登録機能
Opencom
(オープンコム)
株式会社オープンコム ・ボタン1つで自動発信
・在宅回線のみをつなぐプレディクティブダイヤル
・待ち時間が多いオペレーターに回線を優先的に接続
・コール結果を自動分析
・全通話を録音

CTIシステムは導入することで、コストの削減や利益をアップできます。CTIシステムの中には営業支援ツールとして活用できる機能が備わっているものもあります。オペレーターの負担を軽減することも可能。コール結果記録や顧客リストの管理、自動検索架電、再コールアナウンスなどの機能があります。テレマーケティングの支援機能が充実したCTIシステムがあります。

コールビリティ

こちらのシステムは全通話の録音・再生が可能。管理者は通話をリアルタイムで聞くことができ、架電先に聞かれずにアドバイスを送ることもできます。

また、通話時間を短縮できるオートダイヤル機能や、指定時間に画面に表示がされる再コールアナウンス機能があり架電先にかけ忘れることもありません。スタッフ間のリストの共有や配分ができ、スタッフ同士でのやり取りができるチャット機能もあります。

また、発信件数や対話数などのデータを自動で集計してくれます。

そしてIP電話を使用することで通信費のコストダウンが可能となります。コールビリティはクラウド型サービスであるため導入費を削減することができます。

また、1名あたりのコール数が1.5倍になるため人件費の削減や、通信費もシステム費用で1つにまとめることができるため通信費削減にも繋がります。この様にテレマーケティング営業における営業コストを削減ができるのです。

アポ王next

こちらのシステムにはコールシステム運営10年以上という実績があり、高い信頼性と独自のノウハウを活かしたサポートを行なっています。オートコール機能や録音機能、2度がけを防ぐクレーム管理機能などがついています。コール件数や応答件数、通話時間など細かな部分まで分析が可能です。また担当者やコール結果の履歴の管理機能や、見込みの管理、不在リストの登録機能もあります。初期費用は不要で必要な席数だけの月額制であるため、初期費用を抑えたい人や少数の席数だけで使いたい人にオススメ。

また、時代に応じてバージョンアップしていくため、常に新しい形のコールシステムが利用できます。導入の際にはスタッフによる丁寧な説明があり、導入後のサポート体制も整っているため安心して使いこなせます。

また、分かりやすい画面構成で目的の機能をすぐに見つけることができるため、アポインターの年齢層が高くても安心。充実の機能とサポート体制で安心して利用できます。

オープンコム

こちらのシステムは、コールセンターシステムを丸ごとレンタルできます。レンタル料金は利用客数に応じて変わるため、規模に合わせた設備が利用できます。また電話キャリアを選べるため、指定された電話回線を使用する必要もありません。ボタン1つで自動発信をしたり全通話を録音する機能があったり、待ち時間の多いオペレーターに優先的に回線を接続する機能があります。

コール結果の集計やアポインターの状況をリアルタイムで表示されたり、シンプルな操作で済むためわかりやすいのが特徴。

また、一般的には保守費用が必要となりますが、オープンコムであれば丸ごとレンタルであるため実質0円。コールセンターの必須機能が網羅されたシステムで、顧客獲得までの時間を短縮できる見込みがあります。

 
CTIシステム導入で利益倍増計画